目次へ

ロータリーエンコーダーからの回転情報をパソコンに記録する。

サイト閲覧者の方からロータリーエンコーダーの回転状態をパソコンで記録する装置の製作依頼を受けました。自動車の安全性向上のための学術研究をされている方で、研究開発用の装置を短納期で作ることが目的でした。

メールでのやり取りにより、以下の技術要件を詰めました。

  1. Arduinoを使用すること
  2. シリアル通信で回転状態をパソコンに送信すること
  3. 二つのロータリーエンコーダーを1台の機械で計測すること
  4. 1ミリ秒〜10ミリ秒程度の時間分解能とすること

コンパクトで安価な装置が製作できましたので公開いたします。


製作した計測ボックス。
二つのロータリーエンコーダーを接続し、USBでパソコンと通信します。
ロータリーエンコーダーは100パルス/1回転、を選定しました。


内部の配線。Arduino unoを使用。


計測ボックス。取り外しできるようにオーディオケーブルを使いました。

[プログラム(スケッチ)]
回転状態をパソコンに送信するArduinoスケッチ

[出力するデータ]
(ロータリーエンコーダーが動いているときのみシリアルでデータ送信)

ご質問、お問い合わせはこちらから

アマゾンでロータリーエンコーダーが買えますね。

戸田よろず研究所トップページへ

ここで公開するアイデア/装置は安全性を保障しておりません。用途に応じた設計を行い、十分な安全検査を行ってからご利用ください。本サイトの情報の営利目的での利用はご遠慮ください。本サイトで配布するソフト、エクセルファイル等の二次配布を禁じます。本サイトで配布するソフト、ファイルにより生じた、いかなる責任も負いません。本サイトの内容の無断転載を禁じます。© 2018 TYK