目次へ

バウンサーに座った時のうんち漏れ防止

乳幼児を座らせて、ゆらゆらと振動するバウンサー( ベビービョルン ベビーシッターバランス)を活用しています。機嫌が良い時には自分でバウンサーを振動させてニコニコしております。しかし、この製品には思わぬ落とし穴があります。座面がお尻にぴったりとフィットするために、うんちをした時に、おむつの背中側から漏れやすくなっています。(ご利用中の方はお気づきかと思います。)今回、うんち漏れを防止する”座布団”を簡単な手芸で製作しましたので試用レポートを報告させていただきます。バンボなどのベビーチェアでも効果があると思います。Published on June 2, 2013.


対象製品


現在使用中のバウンサーです。赤ちゃんをあやすのは疲れますので、とても重宝しています。


お尻のフィット感が子供には最適ですが、背中からのうんちもれを誘起します。

必要な材料と道具

製作法

厚手のソックスを内側に折り込み、2足を重ね、”かかと”の部分を縫い合わせます。短いソックスであれば、4枚を重ねる厚さが良いと思います。


かかとが分離しないように縫い合わせます。


2枚重ねるのは厚さを稼ぐためです。1.5cmくらいあります。


お尻がこの位置に入れば、空間が確保され、うんちが押しだされることが防止されます。

使用法


お尻の部分に置きます。赤ちゃんを乗せる時には、お尻が凹みにはまるようにします。


斜めから見るとこのような感じです。


くぼみに入るので、ずれません。

感想

しばらく使ってみましたが、この”乳児用便座”を設置することで、うんちがすぐに漏れることがなくなりました。角度が浅い(寝かせている)状態で放っておくと次第に背中側から漏れてしまいますが、漏れ始めるまでの時間が長くなるため、服を汚さずに済んだことが何度もありました。製作は簡単ですので、是非ともお試しください。


セール等の宣伝(アマゾンの通販サイトへ移動します。)

戸田よろず研究所トップページへ
本サイトの情報の営利目的での利用、無断転載を禁じます。© 2013 TYK