目次へ

新型コロナウイルス新規感染者数(厚生労働省の自治体集計結果に基づく)

一日当たり、7日移動平均グラフ 5/29 19:34更新

新型コロナウイルス新規感染者数(一日当たり、7日移動平均)

ピークは4月9日〜15日までの一週間。現在の全国的な移動制限を維持しても3月1日の状態に戻るのは 5月18日から24日頃となります。多くの人が既に感染した「集団免疫」の状態には遠いですので、5月末で移動制限を緩めれば再び増加に転じます。とても長い戦いですね(4月20日記載)。

新型コロナウイルス(covid-19)による緊急事態宣言の今後の状況が気になりますね。 色々な数値やグラフが発表されますが、どれもピンと来ない方が多いかと思います。

「累積感染者数」は流行の収束期にはグラフの傾きが寝てくるので読みにくいです。 また、「現在の感染者数」は継続的に入院・治療している人を含むので、 市中での流行の状態を表すことができませんね。

また、「新規感染者数」はPCR検査数の日々の変動が大きいため、 とても誤差が多いですね。私もニュース等で取り上げられるこのグラフを見て、一喜一憂してます。 市中の感染の状態の変化を見るには、一人の感染者が何人に感染させるかを示す「実効再生産数」という数値を見て、 この値が1.0以下の範囲に入っていることを確認するのが良い様ですが、 厚生労働省のページでも深いところにあり、更新の頻度も低いです。

一番わかりやすいのは、「新規感染者数」に対してPCR検査のばらつきを除いた、「一日当たり、7日移動平均グラフ」かと思われます。一日当たりのPCR検査の総数の影響は受けますが、このグラフは0近くになっても(収束近くまで)感染の状況を見ることができます。最新のデータがなかったので作成、共有いたします。

戸田よろず研究所トップページへ

ここで公開するアイデア/装置は安全性を保障しておりません。用途に応じた設計を行い、十分な安全検査を行ってからご利用ください。本サイトの情報の営利目的での利用はご遠慮ください。本サイトで配布するソフト、エクセルファイル等の二次配布を禁じます。本サイトで配布するソフト等による生じたいかなる責任も負いません。本サイトの内容の無断転載を禁じます。© 2020 TYK