目次へ

GPSを用いた位置計測器:破風岳付近でのフライト

海抜高度の高い地点でのグライダーの飛行に挑戦いたしました。 モーターグライダーならではのフライトなのではないでしょうか。 場所は長野県の破風岳付近です。


破風岳近傍

破風岳の位置を地図上で確認いたします。 住所はは長野県上高井郡高山村となります(広域地図参照)。

拡大しますと以下の地図の位置となります。標高1999 mの破風岳と2000 mの土鍋山があり、 ミレニアムの頃にはたくさんの登山者で賑わったようです。 私たちが訪れたのは8月の日曜日でしたが、登山者は3-4グループ程度でとても静かでした。 写真のように霧が出たり晴れたりのお天気でグライダーを飛ばすタイミングはやや 難しいようでした。


標高1870 m付近から1999 mの破風岳を望む。

では、フライトを振り返ってみます。まずは高度と速度の変化です。 最高到達高度は1975 m、で離陸地点から約105 mの高さとなります。 下から見上げていますと破風岳の1999 mに届いたように見えましたが 実際の高度はあとわずか足りなかったようです。 速度は最高で60 kmに達しています。以前の低地でのフライトでは 最高でも50 km程度でした。高地で空気が薄いために 空気抵抗が低く、速度は出しやすいことが最高速度増大の 原因だと考えられます。

飛行の軌跡を3次元で見てみましょう。約10分間のフライトで かなり軌跡が複雑ですので3つに分割して表示します。 take off からA点、B点と経由してlanding地点で終了です。 位置画面の中で赤色の線が最初で、黄緑色の線へと連続して表記しています。



戸田よろず研究所トップページへ

ここで公開するアイデア/装置は安全性を保障しておりません。 用途に応じた設計を行い、十分な安全検査を行ってからご利用ください。 本サイトの情報の営利目的での利用はご遠慮ください。 本サイトの内容の無断転載を禁じます。© 2009 TYK