目次へ

Windows 11 (Microsoft Edge対応版)で
エクセル配達確認を使う方法:作業時間=約3分

動作しない時には、お気軽にお問い合わせページからお伝えください。より多くのユーザーの皆様の環境で動作するよう改善を進めます!また新たに対応希望の宅配業者があればお気軽にお寄せください。

[ご説明]
エクセル配達確認はInternet Explorer(IE)を通じて、配達業者様のシステムに接続しています。 Windows 11(IまたはEが利用できない場合)をお使いの方は、以下の手順1,2でMicrosoft Edge対応版をご利用ください。

手順1:Edgeドライバーのダウンロード

Microsoft Edge ドライバーのダウンロードサイトからmsedgedriver.exeというファイルをダウンロードして、「エクセル配達確認ソフト」と同じフォルダに保存してください。いくつかバージョンがありますが、64bitパソコンであればStableチャネルのx64を選択してください。

Microsoftの公式のEdgeドライバーのダウンロードサイト
Edgeドライバーのダウンロードサイト

手順2:エクセル配達確認と同じフォルダに保存

最新バージョンの「エクセル配達確認」ソフトをダウンロードしてください。 エクセルファイルを開いた後は、[荷物の問い合わせをする]ボタンをクリックするだけで動作いたします。

エクセル配達確認と、msedgedriver.exeを同じフォルダに保存したら、準備完了!
フォルダの構成


実行時エラー513について

お使いのパソコンのEdgeのバージョンと、上記でダウンロードしたmsedgedriver.exeの対応バージョンが異なる場合には以下のような[実行時エラー:513]が発生することがあります。 正しいバージョンのものを同じフォルダ内にご準備ください。

msedgedriver.exeのバージョン違いでの実行時エラー513
実行時エラー513


戸田システムウェアトップページへ

ここで公開するアイデア/装置は安全性を保障しておりません。用途に応じた設計を行い、十分な安全検査を行ってからご利用ください。本サイトの情報の営利目的での利用はご遠慮ください。本サイトで配布するソフト、エクセルファイル等の二次配布を禁じます。本サイトで配布するソフト、ファイルにより生じた、いかなる責任も負いません。本サイトの内容の無断転載を禁じます。© 2011-2019 TYK